Chicken Heart Roadster

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードスターにインタークーラ取り付け

いやぁ、みなさんお久しぶりです!"possible"しろーです。
GWから沈黙してましたが、実際沈黙してました(笑)

ターボにしてからタービン下流の吸気温度は測定してませんが、インタークーラ取り付けは必須です。
Vマウントや水平マウント、またまた水冷は後々のお楽しみに取っておき、今回はベーシックに前置きです。
純正レインフォースバンパが付いている部分に取り付けるのが一般的のようです。シルビアとかもそうでしょう(?)。それだと本当にバンパーの中、鼻先になってしまいます。インタークーラは軽そうで持ってみると案外重い。そんな前の方には取り付けたくないので、ホーンとかいる辺りに取り付けです。(本音はガレハンバンパを切りたくなかったから。。。)

■インタークーラ選定
社外品はバカ高い!というかインタークーラ単品ってのはあまり無く、大体が車種専用としてパイピングもセットになっています。
というわけで、純正インタークーラを流用することに。案外コレ使える!って奴は少ないです。
まずは定番中の定番、ランエボ7のインタークーラを入手。しかし取り付けてみて無理と判明・・・。
んで、使用したインタークーラは案外定番のアベニール用のインタークーラです。オークションで3000エコでした。ブルーバードの何かも同じっぽい。
(この頃は圧力損失って意味があまり理解できてませんでしたが、後に問題に。)
※インタークーラ選定に関して追記しました

■パイピング作成
最初は塩ビパイプでかのう品質的に作っていて、本気に完成した!と思ったけど、各所から「ありえない」と忠告を受け、仕方なしにアルミで製作することに。
お店に出すと、パイピング製作だけで二桁万円ですって!!
結局一部だけお店に依託する形で、基本的に自分でやりました。

これ詳細後日!パイプの抜け止めビード作成なんて、なんて苦労したことか!!
※インタークーラパイピング製作 についてUPしました。前編、後編の大スペクタクル!!(イミフ)

■移動したもの
トラストオイルクーラ、純正パワステクーラー、エアコンリキッドタンク、ホーン(笑)
ラジエータロアホースら辺の冷却水配管
↑実際はこいつらに時間掛かりました。詳細後日!
※オイルクーラ&パワステクーラ移設に関して追記しました


苦節3ヶ月!んで出来上がったのはコレだ!









インタークーラ&純正バンパ
インタークーラちょっと斜めってるのキニシナイ!!

結局ガレハンバンパを切りたくないから、純正バンパを繋ぎで装着してます。開口部が狭すぎて不安になります。特にオイルクーラは運転席側に移動しましたが、風が全く当たらないためヤバイっす。


オチ無く(!)お盆直前に完成して、実家往復して岡山に帰ってきました。
片道5時間拘束道路。疲れたー@昨晩

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://loveroadster.blog9.fc2.com/tb.php/309-544bf8f3

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

しろー

Author:しろー

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

苦情からラブレターまで・・・ お待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。