Chicken Heart Roadster

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故車修理

後輩のロードスターが事故ってしまったので、その修理。ちょうどオイラが前に乗っていたロドスタのパーツがあったので移植作業。
ぱっと見、右フロントのロアアームとスタビリンクがお釈迦で、超トーアウト状態。他も逝ってそうだけど。
05-11-08_15-38~01.jpg

05-11-08_15-38~00.jpg



彼は乗り始めて半年くらいで、本人は「スポーツ走行したいです」とい言うわりには、買うパーツはハンドルとかドリンクホルダー。しかも新品で安くないものを・・・
お金があるわけでもないのに、街乗りしかしないのに、15インチホイールにしたいとか言ってる。
なんかおかしい。

とにかく走れ!走ってりゃそのうち自分の走りたい場所が決まるって。それがどうしてもつまらなかったらスポコンも良し。

そう言った当日、夜、しかも雨、お山で事故。

なぜかちょっと責任感じてたりして。同じロードスターだからかも。
勝手に修理すればいいじゃん、オレの車じゃないし。と周りの人は言いますが、、、

しかし、彼はクロスレンチはおろか、工具やジャッキも無いし、整備経験も無し。当然全てオイラがやることに・・・



車を修理しやすいように移動させている途中のハプニング。
今まで普通だったブレーキペダルが奥までスコンと踏めてしまった。

「そういえばブレーキおかしかったです」


そ、そういうことは早く言おうね・・・(^^;;
なぜかその後は治ってしまった。

結局ブレーキトラブルは、"ブレーキホースの金属ガスケットが無い"というのが原因と判明。事故の前には福井まで行ってるし、そんな不具合は無かったという事は、奇跡的に漏れなかったフルードが、事故の衝撃か何かで漏れ易くなったのか?
本人が言うには、ブレーキが効かなかった事が原因で事故したわけでは無いとのこと。
しかも、サスペンション周りのボルトが、肩透かしを食らうように緩く締まっていた。おかげで作業は楽だったんだけど。。。
頭が17mmのボルトM14なんて結構なトルクで締められていて、ウンと力を掛けなければ緩まないんだけどなぁ。
それに、アライメント調整ボルトのネジ山がなめかけていた。ピッチが違うナットを締めたのか?と思ったけど、そうでもないようだ。ちょっと渋かったけど、なんとか外せた。
バンパーの傷を見ると、はがれたクラシックレッドの中に艶のある白い塗装。はい、バンパー換えてます。フェンダーもあやしい。

無事故車・オールペン込み40万というこのH2年式のロドスタ。
ぱっと見は綺麗なんだけど・・・
もう、泣くに泣けない状態です。彼にはまだ言ってないけど・・・言ったら凹むだろうなぁ
中古車は怖い。ガクブル
さらに整備した奴は、かのう品質以上のスペックです。すばらしすぎる。だからお店でお任せ整備ってのは気が引けるんだよなぁ。特にガススタでは絶対に・・・(経験談)

またまたトーコンピロリンク。
溶接完了。

こんな感じです。
05-11-08_12-32~00.jpg

05-11-08_12-32~01.jpg

微妙にひとつ曲がってしまいましたが、大丈夫でしょう。

あとは現車合わせで組むのみ!
しかし寒くて学校終わってから作業が億劫・・・


あー。暇っていいね。

コメント

えらい溶けてるな。
ガス(アセチレン)溶接か?
純正のボルトにはあまり熱は入れすぎんほうがいいかも。
熱処理でかなり硬くされてるから、なまされちゃう。
てっきりアークでやるもんだと思ってた。
まあ大丈夫だと思うけど。

アークですよ。
溶接後は結構盛り盛りでしたけど、グラインダーで削ってこうなりました。一応工具掛けれるように&ピロの作動範囲確保のためです。
ひょっとして削りすぎましたかね・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://loveroadster.blog9.fc2.com/tb.php/130-6c6b9fe0

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

しろー

Author:しろー

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

苦情からラブレターまで・・・ お待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。