Chicken Heart Roadster

フューエルフィルター交換

だいぶ前、小金餅だった頃に購入した「フューエルフィルタ」を交換しました。

(ここから先は火気厳禁。わたくしはガソリンに引火してあぼーんしても一切責任は負いません。注意して、覚悟しましょう。) フューエルフィルターは、オイルフィルタのように燃料に混ざっているゴミをろ過する部品で、ロードスターは燃料タンクの下、デフの前ら辺にあります。
フィルターの値段は確か5000エコ。ちょっと高いと思う。

特に不具合はありませんが、、、
しかし私のロドスタは16万キロ越え。そりゃもう交換時期なんてとっくに過ぎていると思われます。
燃料ポンプがどういう圧力制御をしているかわかりませんが、ゴミが詰まっていれば良い訳ありません。と思う。

一般的に燃料ポンプのヒューズを抜いて、ポンプを作動しないようにしてクランキングし、ポンプ~インジェクタ間の燃料圧力を抜いてからですが、ロドスタのヒューズの位置がわからなかったため、ポンプのコネクタを抜きました。
コネクタ=カプラーの位置は幌を開けたときに、幌が収まるスペースの下、燃料タンクの上にあります。
そこのカーペットをはいで、プラスドライバーのネジで固定されている銀色のカバーを取れば、燃料ポンプ上部が見え、カプラーも見えると思います。
私の場合、ちゃんがら仕様なので、楽にアクセスできました。

しばらくクランキングというか、エンジンが始動しなかったので、燃圧は抜けていると判断。

フューエルキャップ=ガソリン給油口を一回開けて、タンク内の圧力も抜いてやります。夏場だとすぐに圧力がかかるので、蓋は開けたままにします。

これらの作業は、なるべくフィルターにつながるホースを外した時にこぼれるガソリンの量を少なくする目的で、必要ないカモしれませんが、念のため。

さて、邪気アップ=ジャッキアップして車を持ち上げます。これがまたFR車は疲れますよね~。


フューエルフィルターはプラスチックのぺナペナなカバーに覆われているので、それを剥ぎます。これまたプラスチックの+ネジで構成されるファスナー?クリップ?で止められています。
こいつがまた曲者で、変に力を掛けるとすぐにナメます。プラスドライバードライバー回す方にだけ力を加えて緩めます。元に戻すときも同じように力を掛けずに。
5本外すとカバーは剥げます。

やっとフィルターとご対面。
車体に10mmのボルト2本でステーを介して固定されています。またステーとフィルター10mmのボルト1本で固定されています。
それらを外し、まずはステーのみを新しいフィルターに移植させたほうが良いでしょう。


その後、フィルターにつながるINホースとEXホース2本をいつものバンドで固定されているので、プライヤーでずらしておきましょう。
ホースをバイスプライヤーで潰しておけば燃料はもれてこないでしょうが、そんなものは持っていませんでした。

あとはホースを抜けば、フィルターは外れるのですが、アレだけ燃圧を抜いておいても少量のガソリンはこぼれます。
だから、ここからは一気に気合を入れてすばやく交換します。

新しいものにホースを繋げば後は元に戻して完了です。

今まで使っていたものはこんなでした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://loveroadster.blog9.fc2.com/tb.php/104-fb4a491f

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

しろー

Author:しろー

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

苦情からラブレターまで・・・ お待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん