Chicken Heart Roadster

あけおめ&ターボ

あけましておめでとうございます。

いやー、平成20年がやってきました。
今年はネズミ年。私の干支で、生まれてから2週目ですよ。もうそんな歳なんだなぁという感じで。
去年は激動の日々が続き、出会いと別れの連続。未だ落ち着いた感じありませんが、ようやく現実を受け止めて前に進もうとしている所です。

只今は実家の岐阜来ています。



ロドスタは冬休み突貫連休工事にてターボ化されました。
IMG_2325.jpg

HKSのNB8用キットを無理矢理装着。

ただ、相変わらずトラブル発生・・・・orz


071231_1755~0001

この画像の変な所。ついに15万キロ突破!じゃなくて、油圧です。
通常3000rpmでは油圧は4kg/cm2位無くてはけない。エンジンオイルはいつものカストロール10w-50で油温は80℃くらい。

エンジン始動→油温70℃までは普通かちょっと低い程度です、そこから徐々に油圧が下がり、2kg/cm2から上がらなくなります。アイドリングでも1.9kg/cm2だから、ほぼ変化無し。
もちろん空ぶかしをしても変化無し。


原因はたぶんこの辺。↓
IMG_2316.jpg


タービンの軸の潤滑と冷却のためにオイルを引っ張る必要があります。本来は純正のオイルプレッシャセン(油圧センサ)に三つ又かまして、そこから引っ張るんだけど、その油圧センサの取り外しに難航し断念。
春に取り付けようとしていたオイルクーラーのブロックから取ることにしました。
左側がそのニップルで、直径1mmほどのオリフィスが設けられています。
右側は油温センサを設置してます。

うーん。どうやらオイルブロック(センサーアタッチメント)&オイルフィルタの管路抵抗よりも、タービン側の方が抵抗少ないみたい?


結局回転数低めの3000rpm以下で走行。A/Fは純正ECUの学習で14.7ですが、そのおかげか全く不都合無く動いてます。
高めのギアでアクセル開けるとシューーーー!!で、アクセルオフでトゥルル!ってバックタービン音。
あたりまえですが、ターボになっちゃった。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

しろー

Author:しろー

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

苦情からラブレターまで・・・ お待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ検索

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん